インターンシップ(就業体験)開催!

2020年8月22日(土)に北越高等学校3年生の9名がインターンシップに参加してくださいました。

本学附属歯科診療所と附属歯科技工室での見学体験を通じて、歯科診療の実際、歯科衛生士・歯科技工士の業務と連携について理解を深めていただきました。

インターンシップ後の感想

  • 手を洗う事など、あたりまえのとを、しっかり丁寧に行う事が分かったので、歯科衛生士に成れた時にはしっかりやりたいと思いました。実体体験を交えて患者さんと話す事が大事な事だと思いました。
  • 自分が患者として歯科医院に行っても、分からない事や歯科技工士や歯科医師とのとのチーム医療の大切さなどをしっかりと学べたので、今回のインターンシップを通して学んだ事を忘れずに立派な歯科衛生士になるため頑張ります。
  • ついこの前まで将来について悩んでいましたが、オープンキャンパスやインターンシップを通して、絶対に歯科衛生士になろうという気持が強くなりました。
  • 歯科衛生士の仕事の流れが分かりました。実際に仕事をしているところを見ると、患者さんと沢山コミュニケーションを取っていました。歯科技工士との関係性も知る事ができました。難しいと思いましたけど、楽しく学べるということを感じました。
  • これからの進路について、より理解を深めいい機会でした。現場での患者さんへの対応や治療に使う道具の管理など、実際に行って見て分かったことが多くあったので、今回のインターンシップに参加できて良かったです。
  • 信頼される歯科衛生士になるためには技術はもちろん、コニュニケーションも大切だと、このインターンシップで感じました。私は祖父の介護の手伝いの経験から、訪問歯科の仕事に携わりたいと思っています。患者さんのなかにはコミュニケーションが困難な人もいると思うので、安心して治療してもらえるような歯科衛生士を目指したいと思いました。
  • 歯科技工士の方が働いている歯科技工室や歯科診療所の見る事ができない職場まで見学できて、2つの職業、現場をよく理解することが出来ました。
  • 生で見学出来たので、自分で調べたりするよりも説明も受けられるので、より多くのことを知ることができ大きな経験になりました。実際に歯科衛生士さんと歯科技工士さんのお話しを聞いて驚くことも多く、リステリンの体験も楽しかったです。
  • オープンキャンパスや資料だけでは見ることができない、実際の歯科医療現場を見ることができ、とても貴重な経験だったと思います。この貴重な経験を生かし、歯科衛生士になる目標に向かい頑張りたいと思いました。

インターンシップ募集中!

インターンシップの受け入れを随時募集しております。

お問い合わせ:明倫短期大学大学事務局総務課

電話:025-232-6351

コメント